♪第11回エリーゼ音楽祭 福岡予選会結果発表♪

投稿者:|カテゴリ:お知らせ エリーゼ音楽祭掲示板 ブログ|投稿日:2021年9月21日

♪第11回エリーゼ音楽祭福岡予選会結果発表♪

皆様こんにちは!

9月18日(土)アクロス福岡 円形ホールにて第11回エリーゼ音楽祭福岡予選が行われました。

今回は、秋田悠一郎先生、上村翔一先生、久保山千可子先生に審査をしていただきました。

優秀賞を獲得された皆様!おめでとうございます! 敢闘賞を受賞された方も本当にわずかな差です。
また予選にご参加いただき、全国にご挑戦していただけたらと思います。

以下、各部門ごとの1位の方です! ご受賞おめでとうございます!

クラシック部門Aコース 1 近藤 文也  様

クラシック部門Bコース 2 大坪 伸一郎  様

クラシック部門Cコース 5  岡本 修汰  様

クラシック部門Dコース 14 山下かほり 様

クラシック部門Dコース 20 中ノ森 愛 様

クラシック部門Eコース 28 馬場 由羽貴 様

クラシック部門Fコース 33  小林 真彩 様

マスター部門Bコース  38 安部 理絵子 様

エリーゼ部門Bコース 39  増本 知恵 様

プラチナ部門Aコース 42 隈本 勝代 様

ポピュラー・ジャズ部門Bコース 44  救仁郷 真大 様

ポピュラー・ジャズ部門Cコース 47  ディアゴスティーノ 聡美 様

ポピュラー・ジャズ部門Dコース 48  伊勢村 洋子 様

ポピュラー・ジャズ部門Fコース 49 山本 香 様

連弾部門Bコース 50 林 紘子 様 / 青野 英二 様

アンサンブル部門Bコース 51  椿 隆行 様

 

オーディエンス賞

1位(13票)31  岡村 拓樹 様

2位(10票)28 馬場 由羽貴 様

3位(8票)38 安部 理恵子 様

♪第11回エリーゼ音楽祭東京3rd予選会スケジュールのお知らせ♪

投稿者:|カテゴリ:お知らせ ブログ|投稿日:2021年9月11日

皆様、こんにちは!
エリーゼ音楽祭事務局です。
いつもありがとうございます!

東京3rd予選会は、現段階で開催予定となります。

スケジュールは、下記になります。

是非、会場へ観に来てください!

お待ちしてます♪

日時:2021年9月26日(日)
伝承ホール

開場:9時30分 開演:10時00分
開演は10:00ですが、受付をスムーズに行うために、
各コースの開始予定時間30分前までに受付をお済ませください。
受付前からの入場は自由です!
今回は80名様より参加頂くことになりました。

とても感謝しております!

どうぞよろしくお願い致します。

開始予定時間(多少の変動あり)

クラシックピアノ部門B/C          10:00   クラシックピアノ部門D               10:45

クラシックピアノ部門E                   12:01   クラシックピアノ部門F                14:14

マスター部門 B/C              16:00   エリーゼB                    16:48

プラチナB                     17:05   ポピュラー A/B/C/D          17:37

アンサンブル部門B       18:57

審査員講評 審査発表 表彰式 記念撮影 全国大会説明会         20:15

 

♪第11回エリーゼ音楽祭福岡予選会スケジュールのお知らせ♪

投稿者:|カテゴリ:お知らせ ブログ|投稿日:2021年9月11日

皆様、こんにちは!
エリーゼ音楽祭事務局です。
いつもありがとうございます!

福岡予選会は、現段階で開催予定となります。

スケジュールは、下記になります。

是非、会場へ観に来てください!

お待ちしてます♪

日時:2021年9月18日(土)
アクロス福岡円形ホール

開場:10時30分 開演:11時00分
開演は11:00ですが、受付をスムーズに行うために、
各コースの開始予定時間30分前までに受付をお済ませください。
受付前からの入場は自由です!
今回は51名様より参加頂くことになりました。

とても感謝しております!

どうぞよろしくお願い致します。

開始予定時間(多少の変動あり)

クラシックピアノ部門A/B/C            11:00   クラシックピアノ部門D1      11:35

クラシックピアノ部門D2        13:02   クラシックピアノ部門E           13:41

クラシックピアノ部門F                 14:31   マスター部門 B               15:28

エリーゼB                      15:45   プラチナ部門A           15:59

ポピュラー B/C/D/F            16:06   連弾ピアノ部門B         16:37

アンサンブル部門B       16:43

審査員講評 審査発表 表彰式 記念撮影                                   16:57

 

♪第11回エリーゼ音楽祭 東京2nd予選会結果発表♪

投稿者:|カテゴリ:EMEとは お知らせ エリーゼ音楽祭掲示板 ブログ|投稿日:2021年8月24日

皆様こんにちは!

8月22日(日)北とぴあつつじホールにて第11回エリーゼ音楽祭東京2nd予選が行われました。

今回は、加々美茉耶先生、坂巻貴彦先生、津村貴子先生、松田映子先生に審査をしていただきました。

 

優秀賞を獲得された皆様!おめでとうございます! 敢闘賞を受賞された方も本当にわずかな差です。

また予選にご参加いただき、全国にご挑戦していただけたらと思います。

 

以下、各部門ごとの1位の方です! ご受賞おめでとうございます!

クラシック部門Aコース 1 千田 あゆみ  様

クラシック部門Bコース 4 笠原 央樹  様

クラシック部門Cコース 7 島村 裕子  様

クラシック部門Dコース 15 島村 裕子 様

クラシック部門Eコース 40 桐明 しおり 様

クラシック部門Fコース 53 玉井 建道 様

エリーゼ部門Aコース 59 亀島 有子 様

エリーゼ部門Bコース 61 寺本 真由美 様

マスター部門B・Cコース 57 井芹 達也 様

プラチナ部門Aコース 62 竹下 茂 様

プラチナ部門Bコース 63 宮地 節子 様

ポピュラー・ジャズ部門Bコース 65 阿久津 純平 様

ポピュラー・ジャズ部門Cコース 68 山口 恵実 様

ポピュラー・ジャズ部門Dコース 74 足立 倫太郎 様

ポピュラー・ジャズ部門Eコース 77 井芹 達也 様

ポピュラー・ジャズ部門Fコース 79 西川 洋次 様

連弾部門Bコース 80 清水 弘美 様 / 酒井 りえか 様

連弾部門Cコース 81 木嵜 萌 様 / 齋藤 晴美 様

 

オーディエンス賞

1位(10票)19 帯津 直美 様

2位(6票)58 土田 聡子 様

3位(5票)48 梅田 佐知 様

3位(5票)57 井芹 達也 様

3位(5票)67 川村    早苗  様

【告知】坂巻貴彦先生よりコンサート開催!

投稿者:|カテゴリ:EMEとは お知らせ イベント情報 ブログ|投稿日:2021年8月18日

皆様、こんにちは。

エリーゼ音楽祭事務局よりお知らせがあります。

8月20日にいつも大変お世話になっている坂巻貴彦先生のコンサートが、神奈川県横浜市の戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホールにて開催されます!

 

よろしくお願いします。

♪第11回エリーゼ音楽祭東京2nd予選会スケジュールのお知らせ♪

投稿者:|カテゴリ:お知らせ ブログ|投稿日:2021年8月15日

皆様、こんにちは!
エリーゼ音楽祭事務局です。
いつもありがとうございます!

東京2nd予選会は、現段階で開催予定となります。

スケジュールは、下記になります。

是非、会場へ観に来てください!

お待ちしてます♪

日時:2021年8月22日(日)
北とぴあつつじホール

開場:9時30分 開演:10時00分
開演は10:00ですが、受付をスムーズに行うために、
各コースの開始予定時間30分前までに受付をお済ませください。
受付前からの入場は自由です!
今回は82名様より参加頂くことになりました。

とても感謝しております!

どうぞよろしくお願い致します。

開始予定時間(多少の変動あり)

クラシックピアノ部門A/B/C 10:00
クラシックピアノ部門D 10:51
クラシックピアノ部門E 12:51
クラシックピアノ部門F 14:43
マスター部門 B /C          16:20
エリーゼA/B                    17:00
プラチナ部門A/B      17:11
ポピュラー B/C/D/E/F 17:32
連弾ピアノ部門B/C  18:57

表彰式   19:16

第11回エリーゼ音楽祭東京3rd予選会満員御礼

投稿者:|カテゴリ:EMEとは お知らせ エリーゼ音楽祭掲示板|投稿日:2021年8月10日

こんにちは。

エリーゼ音楽祭事務局です。

いつもありがとうございます!

2021年エリーゼ音楽祭予選会の状況についてご報告です。

9月26日開催予定の東京3rd予選が8月10日をもちまして満員御礼となりました。

申し訳ございませんが、東京3rd予選は受付締切とさせていただきます。

なお、9月18日開催予定の、福岡予選はまだ受け付けております!

 

エリーゼ音楽祭事務局

♪エリーゼ音楽祭参加者様の白川妙子様が「随筆春秋エッセーコンテスト」で入選♪

投稿者:|カテゴリ:お知らせ ブログ|投稿日:2021年7月30日

いつもありがとうございます!

エリーゼ音楽祭の参加者様の白川妙子さんが「随筆春秋エッセーコンテスト」で入選されました!
音楽に対する思いを共有出来るかと思い、エッセーを掲載させて頂きます。

私の「エリーゼのために」白川 妙子(埼玉県)

「先生『エリーゼのために』を弾いてください。」最前列に座った患者さんのリクエストです。病院で働く医師である私は、患者さんと一緒に音楽を楽しみたくて、時々病棟でピアノを弾いたり、一緒に歌ったりしています。その日も所謂「難しい」ピアノ曲をいくつか弾いた後にそう言われて、正直、私は拍子抜けしてしまいました。技術的にはさして難しくもなく、子供のころさんざん弾いた曲です。(えっ?「エリーゼのために」って、そんな簡単な曲でいいの?)だけどそれ以来、この曲は毎回リクエストされるようになりました。他のどんな曲を弾いても、難しい曲を頑張って弾いても、一番喜ばれるのは「エリーゼのために」なのです。ある時はリクエストしてくれた患者さんが、隣に座った人にこう話しているのです。「うちの娘も昔ピアノば習いよってですね、『エリーゼのために』も弾けるとですよ。この曲は難しかとです。これば弾けるようになったら、本当に上手になったっていう証拠ですよ。」と、と得意げです。「幼かったわが娘がこんな難しい曲まで弾けるようになった!」と喜んだ、その思い出が彼女を笑顔にしているに違いありません。またある時、寝たきりの患者さんの病室にキーボードを持ち込みました。今はお話もあまりできませんが、もともと音楽がお好きだった方です。「トロイメライ」、「ショパンのノクターン」そしてもちろん「エリーゼのために」。それに「青い山脈」や「リンゴの唄」など、この年代の方の愛唱歌も加えて何曲も弾きました。ご本人はもとより、奥様がことのほか喜ばれました。その少し後、「携帯電話使用可」のエリアから奥様の弾んだ声が聞こえてきます。「もしもし、今日ね、白川先生がお父さんの病室で『エリーゼのために』を弾いてくれなさったとよ、、、」娘さんに報告しておられるところでした。弾いたのは「エリーゼのために」だけでありません。だけど彼女は何度も繰り返すのです。
「先生が『エリーゼのために』を弾いてくれなさってね、お父さんもとても喜んでね、」と。看護師長さんのお誕生日の日も病棟ロビーでピアノを弾きました。あいにく師長さんは会議中。「エリーゼのために」を弾きながら患者さんたちと一緒に師長さんを待っていると、少し離れたところに静かにたたずむ師長さんの姿。会議資料の書類を抱えたままです。私はそのまま弾き続けました。曲が進むにつれて、師長さんは書類を落とさないように気を付けながらも、何度も目元に手を当てているではありませんか。「エリーゼのために」が終わった後、間髪を入れずにみんなで「ハッピーバースデー」の大合唱です。師長さんの涙は本格的に大粒になりました。夕方、師長さんからメールが届きました。「白川先生、今日は本当にありがとうございました。私にとってとても思い出深い『エリーゼのために』を誕生日に聞けるなんて思ってもみなかったので、感動のあまりつい涙してしまいました。」「エリーゼのために」、なんという偉大な曲でしょう!多くの人がそのメロディーを知っていてなじみ深いというだけではなく、大切な思い出にこれほどまで深く結びついているのです。大して難しい曲でもない、子供のころからさんざん弾き飽きたし、聞き飽きた、なんて思っていたのは、大きな間違いでした。ピアノは長い中断を経て数年前に再開したばかりなので、演奏技術は全く自信がありません。それでも「お医者さんが白衣を着たままピアノを弾く」というだけでとても喜ばれるので、迷いながらも続けていたのです。だけど「こんな演奏でいいのかしら?独りよがり?自己満足?」いいえ、「自己満足」さえありません。そんな中「コンクールに出て客観的な評価を受けてみたらどうかしら?」そんな気持ちが次第にわいてきました。長女も強く勧めてくれます。ネット検索してみたところ「エリーゼ音楽祭」というものを見つけ出し、応募することにしたのは昨年一月のことでした。「『音学』ではなく『音楽』を」、「他人との比較ではなく自分らしい表現を」というコンセプトに惹かれたからです。「プラチナ部門」にショパンの「ノクターン作品9の2」でエントリーして臨んだ六月の神戸予選、様々なレベルの人が本当に楽しそうに演奏していて、コンクールというよりまさに「音楽祭」です。なかでも「エリーゼのために」が課題曲となっている「エリーゼ部門」に私は大変な感銘を受けました。あこがれのこの曲を是非弾きたい、やっと弾けるようになった、という人が何人も熱い思いを込めて挑戦していたのです。やはりこの曲は多くの人達にとって特別な存在なのでしょう。その姿を見て私は病院での経験を思い出していました。そうです。「エリーゼのために」は患者さんたちにとっても一番心惹かれる大切な曲だったではありませんか。「この素晴らしい曲に、もう一度真剣に向き合ってみよう。」私がそのような気持ちになったのはごく自然なことだったかもしれません。十月の九州予選の「エリーゼ部門」に応募書類を提出したのは数日後でした。確かにテクニック自体はさほど難しくありません。私も一通り弾けるようになったのは小学生の頃でした。だけど、あらためて向き合ってみると、今まで思っていたものとは全然違う姿が浮かび上がってきたのです。半音の上下で始まるあの超有名なメロディー、左手にさえぎられて細切れに弾いていましたが、実は息の長いひとつながりのフレーズであることに気がついたし、左手で奏でる上行形の分散和音は、ごつごつと弾いてメロディーを分断するのではなく、滑らかにメロディーにそっと添えるようにしないといけません。音符だけでなく強弱記号、スラー、アクセント、その他楽譜に書いてあることをすべて丁寧に丁寧に読み込んでいくと、ベートーヴェンが描こうとしたこの優雅で可憐な曲の輪郭がぼんやりと見えてきました。毎日毎日、少しずつ少しずつ、その輪郭は次第にはっきり現れてきました。そして練習を重ねることによって、その見えてきたものを音で表現できるようになってきたような気がしてきました。練習を始めて三か月余り、福岡予選は無事通過、十一月の本選に進むことになりました。本選の数日前には、楽譜の向こう側に、森に静かに佇む女の子のはにかみがちな笑顔が浮かんでくるようになりました。そこは数年前に訪れたウィーンの森のようです。女の子はドイツに住んでいたころに長女の同級生だったウタちゃんになんだか似ています。いよいよ東京の本選です。やはり緊張します。私は、雰囲気にのまれそうになりながらも「ウィーンの森でほほ笑むウタちゃん」の面影を「エリーゼのために」に重ねました。少し後悔の残るところもあったものの、全体としてはしっとりとした良い演奏ができたのではないでしょうか。審査の結果、「エリーゼ部門」では金賞、しかも「エリーゼ大賞」、つまり、部門優勝です。なんということでしょう!生まれて初めて挑戦したコンクールで「全国優勝」したのです。こんなにうれしいことはありません。確かにこの曲は高度な技術を要するものではないかもしれません。だけど、私がピアノを弾く理由は「患者さんに笑顔を届けるため」です。その患者さんたちが一番好きな「エリーゼのために」で、しかもテクニックを競うのではなく、いかに自分らしい表現をするかを問うコンクールで優勝できたのです。これこそ、私が最も誇りとしうる「勲章」ではないでしょうか。この経験は私にとって思った以上に大きいものでした。自信がなく迷っていた私ですが、とても積極的な気持ちになれたのです。「このまま続けていこう!音楽を患者さんと一緒に楽しみたいから、患者さんの笑顔が見たいから、自分のできる範囲でピアノを弾き続けよう。楽譜を丁寧に読み、練習を重ねることによって見えてくる世界、もしかしたら作曲家たちがこっそり私に教えてくれる世界をそのまま再現すればいいのかもしれない。」それから後ピアノを弾く度に、その場の空気感が以前とは全く違うことに気が付きました。どう表現すればいいのでしょう、ピアノとその周りで聴いてくださる方を包む空気がすっぽり切り取られて別の世界のものになる、とでも言ったらいいのでしょうか。この前もそうでした。今年の三月の終わり、高齢者施設に往診した時のことです。診察が終ってすぐに、私は玄関ホールのピアノを弾かせてもらいました。十人ほどの方に囲まれて弾いたのはやっぱり「エリーゼのために」。メロディーが流れ始めるとすぐ空気の色が変わり始めました。私は曲の世界を出来るだけ丁寧に描こうと、とても集中して弾き進めました。すると聴いている方々の心の波動がそれに同調してくるのです。それはうねりとなって背後から私に伝わってきました。そうするとそれに押されて、私の指はなお一層よいものを紡ぎだせるのです。ピアノ、弾いている私、聴いている人たち、まさに一体となって不思議な力を創り出し、これまでに弾いたことも聴いたこともない、魂の震えるような「エリーゼのために」が描き出されました。これはいったい何なのでしょう。盛んなアプローズを受けながら、私は不思議な感動に包まれていました。ベートーヴェン生誕二百五十周年のこの年、まだまだこの曲に向き合いたい、多くの患者さんに届けたい、そう思いながら施設を後にして病院への帰り道、ふと見上げると桜の蕾が膨らんで少しずつほころび始めていました。

♪第11回エリーゼ音楽祭広島予選会結果発表♪

投稿者:|カテゴリ:EMEとは お知らせ エリーゼ音楽祭掲示板 ブログ|投稿日:2021年7月27日

皆様こんにちは!

7月25日(日)広島ゲバントホールにて第11回エリーゼ音楽祭広島予選が行われました。

今回は、先生、重野美樹先生、川岡優子先生、小蔦寛二先生に審査をしていただきました。

優秀賞を獲得された皆様!おめでとうございます! 敢闘賞を受賞された方も本当にわずかな差です。

また予選にご参加いただき、全国にご挑戦していただけたらと思います。

以下、各部門ごとの1位の方です! ご受賞おめでとうございます!

クラシック部門Bコース 2 市川真由美   様

クラシック部門Cコース 4 大内藤予  様

クラシック部門Dコース 7 林紘子 様

クラシック部門Eコース 10 内藤優理香 様

クラシック部門Fコース 14 緒方廉太郎 様

マスター部門Bコース  15 北川ひろ子  様

プラチナ部門Aコース 16 南山幸枝 様

プラチナ部門Bコース 20 山藤法子 様

ポピュラー・ジャズ部門Bコース 21 岡本まり子 様

ポピュラー・ジャズ部門Cコース 27 泉多己江 様

ポピュラー・ジャズ部門Dコース 28 若林実音 様

連弾部門Aコース 29 寺門史子様 / 新原 美奈子様

オーディエンス賞

1位(10票)14 緒方廉太郎 様

2位(7票)10 内藤優理香 様

3位(6票)20 山藤法子 様

♪第11回エリーゼ音楽祭名古屋予選会スケジュールのお知らせ♪

投稿者:|カテゴリ:お知らせ ブログ|投稿日:2021年7月16日

皆様、こんにちは!
エリーゼ音楽祭事務局です。
いつもありがとうございます!

名古屋予選会は、早くも開催が迫ってきました!

スケジュールは、下記になります。

是非、会場へ観に来てください!

お待ちしてます♪

日時:2021年8月8日(日)
美サイレントホール

開場:9時30分 開演:10時00分
開演は10:00ですが、受付をスムーズに行うために、
各コースの開始予定時間30分前までに受付をお済ませください。
受付前からの入場は自由です!
今回は66名様より参加頂くことになりました。

とても感謝しております!

どうぞよろしくお願い致します。

開始予定時間(多少の変動あり)

クラシックピアノ部門A/B/C 10:00
クラシックピアノ部門D 10:33
クラシックピアノ部門E 12:47
クラシックピアノ部門F 14:14
マスター部門 B 15:24
エリーゼB 15:35 
プラチナ部門B     15:40
ポピュラー B/C/D/E/F 16:14
連弾ピアノ部門B     17:16
アンサンブル部門A      17:27
表彰式   17:39

前のページへ